様々な場面で活躍 | チラシなどを始めとした日用品を格安で提供している販売サイト

チラシなどを始めとした日用品を格安で提供している販売サイト

様々な場面で活躍

フライヤーの頒布方法としては、それ自体のターゲットとなるユーザーが集まりそうな場所に設置をお願いしていたり、またはイベント会場に置いてもらう事がほとんです。殆どの場合、ポスティングを利用した頒布方法を取らない場合が多く、また印刷部数及び頒布場所が少ない事から、興味がある人しか知りえない情報が多かったりします。最近では、フライヤー印刷の代わりにブログやSNS上にてイベント告知を行う事が多くなってきており、こういったメディアにおいてもペーパーレスの流れは起こっているようです。そもそもコンサートに行かれる方は、地元のコンサート会場でなくても、好きなアーティストを観るためなら県外にも出かけていかれるため、ますますインターネットを使った告知の有効性は高まっています。

一般的にフライヤー印刷という言葉はあまり耳慣れない人が多いため、チラシとの違いについて印刷会社に尋ねる人が多くいます。この二つの違いに明確な定義はありませんが、チラシは大量部数の発行が多くて用紙が薄めのものが多くなります。対してフライヤー印刷は少量の部数発行が多くて用紙は厚めのものが多くなり、更に用紙サイズが小さめのものも対応しています。このような事から会社の規定によってそれぞれ用紙ごとに分けられていることが多く、これ以外の印刷方法やインク、加工オプションなどは全て同じです。そのため仕上がりに関しても用紙の違いからくる手触りや重さなどが違ってくることになります。用途としてもどちらも幅広く、各種案内状や会社案内をはじめイベントの告知広告などがあります。また商品広告や折込広告といった用途としても用いられています。カラーも単色の表モノクロから両面フルカラーまで選択可能なため、予算やデザインなどから決めることができます。